FC2ブログ
2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2007.12.23 (Sun)

クローン病ser.1・・・パパは札幌一番の整体師

今日から、娘のクローン病についてちょっと書いていきますね。

私の娘がクローン病とわかったのが今年(平成19年)の6/12でした。
大腸内視鏡検査後即入院です。
検査の状況からクローン病であることがわかりました。

クローン病という病気は、口から肛門までの消化器官に複数の潰瘍が
でき、再発性の非常に高い病気です。

再発を繰り返す場合、潰瘍部分を切除していくしかなく、最終的には
かなりの部分が切除される事になるようです。

残念ながら、現代の医学では原因はわからず、治療法も確立されて
おりません。

投薬と食餌療法で症状を抑えることで、一般的に言う所の「病気と上手
に付き合っていく」事しかできないようです。

検査結果は次のとおりです。

まず、小腸と大腸の結合部から小腸側10cmの間に潰瘍が4つあり、
そのうちの1つが他の三つをあわせたよりも大きい。

さらに小腸側10cmの間が狭窄(縮れて狭くなっている状態)しており、
このまま放っておくと食べ物が詰まって破裂すると言われました。

計20cmにわたり異常が見つかったのでした。

治療計画は次のとおりです。

1ヶ月程度の絶食を経てその後の大腸内視鏡検査で潰瘍が治っていれ
ば経腸栄養剤の経口投与、そして、その後の経過を見ながら重湯から
始まり全粥へ、そして普通食へと移行し症状が良好であれば退院という
事でした。

約2ヵ月半で退院できるとの事です。






クローン病でお悩みの方、相談受けます
みらくる整体院HPはこちら
http://www.miracle-sap.com/

スポンサーサイト

タグ : クローン病

EDIT  |  23:21  |  クローン病  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |